ータルサイト構築

PORTAL SITE

マネタイズ事例:広告収入

ポータルサイトの収益源のひとつがバナー広告による広告収入です。不特定ユーザーが利用する公開コンテンツなどにバナーを設置することで、そこをユーザーがクリックすることで、クリック単価に応じて収入を得ることができます。このような広告を「クリック報酬型広告ASP」を利用して提供されたタグを張り付けるだけで準備が完了します。特に導入が楽なのはGoogleアドセンスですが、無料のGoogleアカウントを取得し、広告審査を通せばすぐに運用が開始できます。それ以外の報酬型広告ASPは、サイトのPV数(ページビュー数)などが審査要件になっていたりするところが多いので、実質的に最初のうちは張ることすらできないケースが多いです。もちろんある程度PV数が増えてこれば、よりいい条件で彼らの方からアプローチしてくれる可能性も高くなります。

あともし営業が可能であれば、クリック報酬型広告ASPを利用するのではなく、自分で営業して広告を取りに行くという方法もあります(純広告といいます)。純広告はASPのクリック単価より、圧倒的に高単価になる傾向が強いので、純広告であれば大きな収益を得ることも可能になります。

【メリット】

  • 広告収入だけで、企業やユーザーから利用料をとらない場合、営業の敷居がかなり低くなるので、コンテンツの拡充や会員集めなどがしやすい。
  • 純広告の場合、比較的に高収入を得ることが可能。

【デメリット】

  • 収入はPVに対してどれくらいになるか計算式で概ね出せますが、実際のところ、それほど大きな金額にはならない。あくまで小遣い稼ぎまたはランニングが賄える程度。
  • サイト内にペタペタ広告が張られるので、過剰にやりすぎるとユーザビリティが悪くなり、使いにくいサイトとレッテルを張られてしまうかもしれない。

GoogleアドセンスもPV数の審査目安があるようですが、一日100PVくらいでいいので、サイト公開直後にやるべきことを間違えなければ十分にクリアできるレベルだと思います。サイトの性質により、広告が有効な場合とそうでない場合がありますが、この辺りは当方で長年の運用ノウハウがございますので、お問い合わせいただけたらと思います。